• お問い合わせ
  • よくある質問
会員様限定店舗&オンラインショップの在庫が検索できる
  • ログイン
  • 新規登録

本当にそれって高価買取ですか?

「高価買取」は、はたして本当に「高い」のか?

近年、金・プラチナの相場が高騰し、買取業者もどんどん増えていきました。
チラシやTVCMなどで目に付く機会も増え、昔よりも、「貴金属を売る」という行為が
身近に感じられるようになったのではないでしょうか。実際、買取ショップには、
年配の方はもちろん、比較的若い世代の方も足を運ばれるようになっています。

しかし、意外に自分の持っている金や銀、プラチナの価値を正確に把握している方は、
実は多くありません。

例えば、プラチナの指輪を買取店に持っていくとします。

「5万円で買い取ります」
はたして、これは高いのでしょうか?

チラシやCMなどで「高価買取」って言ってるから、きっと高いに違いない!

そんな思い込みだけで判断していませんか?

金や銀、プラチナなどの貴金属は大切な資産。
納得して売るために、買取を依頼する際の秘訣を身につけましょう。

高いか安いかは「比べればわかる」

考えてみると当たり前のことですが、「高い」「安い」は何か基準となるものがあって、
それと比べることでわかります。

例えば、先ほどの例でいくと、買取店Aで5万と言われたプラチナの指輪。
B店では7万の値がつきました。A店はB店に比べ、「安い」ことがわかります。

そう、貴金属を売るとき、損をしないためには、まず「複数店で査定してもらう」こと。

複数店で査定してもらう

「高い」かどうか、広告のイメージだけで判断せず、ちゃんと確認することが大事です。
実は、なんとなくのイメージだけで有名な店に行き、そのまま買取をすませてしまう方は
多いです。大抵の買取店は、査定を無料で行っていますので、ぜひ比べてみてください。

「無料といっても、査定だけしてもらうのは悪い気がして…」
そんなことはありません。
ものによってはかなりの金額になる場合もあるのですから、どんどん無料査定を
利用しましょう。
もし売った後にもっと高い価格で売れたことがわかってしまったら、後悔してもしきれません。

コラム:ブランドの指輪、買ったときよりかなり安い価格で査定されたんだけど…

前提として理解ておきたいことは、貴金属の買取店は、あくまで「素材」として
買い取っている、ということ。
例えば、ブランドのアクセサリーだったり、デザイン性の高いものなどは、ブランド買取店に持ち込ん だほうが高く売れるかもしれません。
逆に、時代遅れだったり、変形してしまっているなど、アクセサリーとしての価値が低い場合
でも、素材としてであれば買取ができます。状況に応じて使い分けましょう。

当日の金相場をチェックする

時間もないし、何店舗にも査定をお願いするのは大変!
そんな方におすすめの簡単な方法は、当日の相場をチェックすることです。

つまり、価格を比べるのを、「店」と「店」ではなく、「相場」と「店」にするということです。

そもそも、ほとんどの買取ショップは、相場を元に当日の買取価格を決定します。
相場どおり買取できればいいのですが、実際は、金を買取したあと、精製をし純粋な素材
にする必要があります。そこにかかるコストが、相場と買取価格との差額だと考えてください。
もちろん、コストの中には、買い取るためにかけた広告費や店舗のテナント料も含まれて
います。
とくに、金や銀、プラチナの買取1本で運営している店舗などは、
他にこのコストをまかなうための売上がありません。
どうしても、相場と買取価格との間に差額が出てしまうことになります。

相場を知っていれば、実際の買取価格が相場の何%程度に当たるのかがわかります。
高価買取だと思っていたけど、実は相場の30%だったとしたら…
納得して売れるラインは人それぞれですが、高額商品なので、知識が無いために損をした、
ということがないようにしたいですね。

まとめ

「高価買取」と書いているからといって、本当に高いとは限りません。
確かめるには、比べることが大切です。
比べる方法は、2つ。

  • 複数の店で査定してもらう―店と店の査定価格を比べる
  • 当日の相場をチェックする―相場と店の査定価格を比べる

大切な資産を「なんとなく」で減らすことのないよう、しっかりチェックしましょう。